読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっぴり幸せになる

誰かに教えたくなるそんな・・・

間違えやすい!PSVR(PlaystaionVR)に必要な周辺機器はこれ!(音響編)

PSVR(Playstaion)に適した音響周辺機器は一体何なのか、解説します。
間違えやすいポイントなので、要注意!です。

VR(バーチャルリアリティ)の普及にかなり貢献することになるであろうPSVR。仮想現実をよりリアルに、体験するための音響機器とは、、

最も適しているのは、高級ホームシアター

f:id:yamatowwiw:20160621224417j:plain:w450

ではありません!

ホームシアターが普及し始めて、もうかれこれ20年くらい経とうとしています。貢献したのはやはり、薄型テレビとDVDの普及でしょうか。
DVDの普及には、PS2が貢献したと言われています。

モニターは、薄型テレビから大型4Kテレビ、プロジェクター、
スピーカーは、5.1では足りず7.1、9.1とますます進化を遂げてきました。
これらの、最新のホームシアターセットがVRに適しているのか?

答えはノーです。

なぜなら、これらホームシアターは、画面の設置場所が固定されており、その画面を正面から見る場所に適した音響効果を作り出すための装置のためです。
VRの場合、画面は頭に装着するディスプレイになります。すなわち固定された画面ではないために、固定されたホームシアターのスピーカーでは正しい音響再現ができないことになります。

簡単な例で説明すると、ホームシアター環境で、PSVRを使用すると、下記のようになります。

  1. テレビの方向を向いて、ヘッドマウントを頭に装着します。
  2. 例えば画面の右側にいる人が話してきたとします。声は右の方から聞こえてきます。
  3. 右側に頭・首を動かします。すると、右側にいた人が正面に見えることになります。
  4. その人の声は、正面から聞こえるかと思いきや、左前の方からより聞こえることになります。

映像と、音声の不整合が発生し、かなり気持ち悪くなると思われます。

ホームシアターの音響・スピーカーはVRに向いていないというか、寧ろ違和感を発生させてしまうことをご理解いただけたでしょうか。

VRに適するのは、頭に装着したディスプレイと同じように、頭に装着して耳に固定できるもの。
そう、ヘッドフォンなのです。


そして、臨場感の再現に適したヘッドフォンは、、




最も適しているのは、サラウンドヘッドフォン

f:id:yamatowwiw:20160621224414j:plain:w450

ではありません!

ここからは、PSVRの仕様によるところになります。
PSVRの3Dオーディオプロセッシングなるもので、3Dサラウンドを出力することで、位置情報・向いている方向に応じた適切なサウンドが表現されます。すなわち、音源の方に向きを変えれば、正面からの音に聞こえるという、
実世界では当たり前のことですが、当たり前の現実世界を再現してくれるシステムがPSVR内に内蔵されているのです。

この音源をさらに、ヘッドフォンで持っているサラウンド機能で変換してしまうと、おかしなことになってしまいます。

2015年12月3日に、Sonyから、PS3/PS4周辺機器として、
『ワイヤレスサラウンドヘッドセット』」(型番:CUHJ-15001)
が発売になっています。

しかしながら、こちらは不要なサラウンドに加えて、ワイヤレスということで、PSVRでは使えないヘッドフォンですので、注意ください。
(VRゲームでは使用できませんが、シネマティックモードでは使えるかもしれません。)
これ、絶対間違える人多いだろうな。


では、どのようなヘッドフォンが最適なのか。それは、、、

最も適しているのは、ステレオヘッドフォン

f:id:yamatowwiw:20160621224415j:plain:w450

最も適しているのは、ステレオヘッドフォンなのです。

PSVRに適したヘッドフォンは、フツーのステレオヘッドフォンで、余計な変換機能を持たないものが適しているというわけです。

より、没入感を深めるためには、

  • 装着感の少ない
  • 長時間の使用に耐えられる
  • 周囲の音は極力聞こえない

といったものが良いかと思います。

SonyのPSVRのホームページで紹介されているのは、下記ステレオヘッドフォン(MDR-ZX660)となっています。
PlayStation®VR | PlayStation® | ソニーより
   f:id:yamatowwiw:20160621222644p:plain

当然、細かいチューニングの場面ではSony製のヘッドフォンでテストを行っているでしょうから、Sony製。しかも推奨モデルが適しているのは間違いないでしょう。

まとめ

最も適しているのは、ステレオヘッドフォン。Sony製推奨モデルなら間違いないです。

記事中、ホームシアターは適していない旨で記載していますが、「3Dポジショナルサウンド」「オブジェクティブサウンド」とも呼ばれる技術も出てきており、より柔軟な3D表現ができるように進化してきています。アンプ側、今回の場合PSVRとの相性が重要になりますが、まだまだ発展していきそうな分野で、ベストな環境は今後も変わっていくことでしょう。

今時点で、PSVRに適した音響機器ということで、今回記事化させていただきました。
PSVR発売に向け、間違えた準備をなさらぬよう、参考にしていただければ幸いです。(^▽^)/

----追記(訂正)----
2015年12月3日に、PS3/PS4周辺機器として、発売された
『ワイヤレスサラウンドヘッドセット』」(型番:CUHJ-15001)について、当初使用できない旨の記載をしていました。有線接続することも可能で、サラウンド機能のない、ステレオヘッドセットとしての使用も可能ですので、PSVRでも使用可能と思われます。訂正させていただきます。
--------