読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっぴり幸せになる

誰かに教えたくなるそんな・・・

プリンター おすすめ機種3台 2016年版 

この時期、年賀状印刷のためプリンターを検討される方も多いかと思います。
いざ、店舗に行ってみるとかなりの数のプリンターが並んでいます。
カタログを見ても数多くあり、どのメーカーのどれが一番良いのか迷われることも多いのでは?

有名メーカーから、間違いない機種を1台だけ選択し、その中から迷わず選べるのようまとめます。

メーカー

家庭用プリンターのメーカーは、EPSON、Canon、brotherが3大メーカーです。brother?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実はすごいんです。

機種の選定

機種の選定ポイントですが、2点です。

  • 選んで間違いがない
  • コストパフォーマンスが良い

メーカーのカタログのスペック比較表でいうと、一番左の機種ではなく、2・3番目にある機種です。
おすすめマークがついていたり、カラーバリエーションも豊富にあったりします。
すなわち、メーカーが最も自信をもって送り出している機種になります。

EPSON EP-879AW/AB/AR (カラリオ)

f:id:yamatowwiw:20161116235050p:plain

EPSON は、EP-879AW/AB/ARが主力製品です。
特徴は、

  • コンパクト
  • 洗練されたデザイン
  • 大容量インク対応

です。

実売価格は、27,000円前後 (11/15現在)

Canon TS8030 (PIXUS)

f:id:yamatowwiw:20161116235049p:plain

Canon は、TS8030が主力製品です。
特徴は、

  • コンパクト
  • 洗練されたデザイン
  • 大容量インク対応
  • 背面給紙が復活

です。

実売価格は、27,000円前後 (11/15現在)

brother J968N

f:id:yamatowwiw:20161116235048p:plain

brother は、J968Nが主力製品です。
特徴は、

  • コンパクト
  • 本体が安い
  • ランニングコスト(インク台)が安い
  • コピー機能が強い

です。

実売価格は、15,000円前後 (11/15現在)

比較ポイント

各機種を比較するポイントですが、

  • 綺麗さ
  • 本体サイズ
  • 印刷スピード
  • インク代

で比較したいと思います。

カタログにあるような以下のような機能はもはや当たり前になっており、差がないためです。

  • 無線LAN対応
  • スマホからの簡単印刷
  • ディスクレーベルプリント
  • 前面給紙トレイ
  • タッチパネル

綺麗さ

印刷したものの綺麗さで比べたいと思われる方もいるかと思いますが、プリンター・インクともに進化をとげ、発色などについて個人の好みレベルになってきています。
brotherは4色インクのため、表現力は他に比べてやや厳しいです。

本当に画質を求めるのであれば、お店でプリントした方がいいです。
家庭用ではこの程度と割り切ってしまえば、プリンター選択の大きな観点ではないと思います。

ただ、写真に強い、文書印刷に強いという観点はあり、染料系インクは写真に強く、顔料系インクは文書印刷に強いです。
EPSONの場合、黒・カラーともにすべてが染料系インクのため写真印刷に強い反面、文書をコピー用紙に印刷した場合、ぼやけたり、滲んだりする傾向があると言えます。
Canon、brotherは、黒は顔料インク、カラーは染料インクが採用されているため、写真・文書ともに綺麗に印刷できることが売りとなっています。

本体サイズ

今年のキーワードは、コンパクト化です。各社とも小型化が図られています。

EPSON:幅349、奥行340、高さ142(mm)
Canon:幅372、奥行324、高さ139(mm)
brother:幅400、奥行341、高さ172(mm)

幅だとEPSONのプリンタが一番小さいです。
体積(幅×奥行×高さ)だと、Canonが一番小さいです。
brotherは高さが若干高めでしょうか。これはコピーのADF機能を持っているためだと思われます。

ちなみに自宅にある古いプリンタをざっくり測ってみると、
EPSON PM-A840:幅450、奥行430、高さ200(mm)
でした。
体積だと今のモデルの2倍もあります。
非常にコンパクトになったものです。

印刷スピード

印刷スピードは、各社のカタログスペックになります。
条件も異なるので単純比較できませんが参考までに。

EPSON:L版印刷 13秒、A4写真印刷 50秒、A4モノクロ普通 不明
Canon:L版印刷 18秒、A4写真印刷 41秒、A4モノクロ普通 15ipm
brother:L版印刷 14秒、A4写真印刷 不明、A4モノクロ普通 12ipm

印刷スピードに大きな差はないように見えます。

インク代

ランニングコストに大きく影響するインク代です。
カタログスペックを使用しており、用紙代も含んでいます。

EPSON:L版印刷 20.6円、A4写真印刷 不明、A4 不明
Canon:L版印刷 15.9円、A4写真印刷 不明、A4カラー文書 8.9円
brother:L版印刷 18.6円、A4写真印刷 不明、A4カラー文書 8.5円

EPSON、Canonはいずれも大容量インクを使用した場合のコストで、標準インクのコストでは、brotherが1番コストが安いです。
大容量インクって、6、7千円とかしちゃうんですよ~。




比較ポイントの整理

比較ポイントで再整理するとこうなります。

比較項目 EPSON Canon brother
写真印刷
文書印刷
サイズ
印刷スピード
インク代

どう判断するかですが、ざっくり言えば、

写真をきれいに印刷したい=EPSON
バランスがとれたスペック=Canon
コストパフォーマンス重視=brother

で良いと思います。

最後に

私個人は、今年brotherのプリンタを購入予定です。
何より、本体が安い(しかも今なら3000円のキャッシュバック付き)、ADF機能(コピー時の原稿送り)が付いている、本のスキャン時影の部分を除去してくれる、カラーインクが切れても黒だけで印刷できる『クロだけ印刷』機能があるなど、便利な機能が多そうなためです。

プリンター選びで迷った時の参考にしていただければ幸いです。

Canon キヤノン プリンター インクジェット複合機 TS8030 WH ホワイト

Canon キヤノン プリンター インクジェット複合機 TS8030 WH ホワイト