ちょっぴり幸せになる

誰かに教えたくなるそんな・・・

NINTENDO SWITCH 本体の他に準備しておきたいもの 周辺機器

3/3 NINTENDO SWITCHが発売となります。
本体の他に準備しておきたいものをまとめています。

周辺機器

まずは周辺機器から。

Joy-Con

f:id:yamatowwiw:20170119211138p:plain:w350
コントローラーは本体セットに2つ同梱されています。
3人以上で遊びたい場合、電池切れを防ぐため、気分によって色を変えたい?場合など、
柔軟に対応できるように追加でコントローラーを購入することができます。
L・Rそれぞれ単体でも購入できますが、L・Rセットのものの方が約1,500円もお得な価格になっています。

またコントローラーにつけるストラップも単体で販売されています。
f:id:yamatowwiw:20170119211143p:plain:w300
ストラップと言ってもただの紐ではなく、LRボタンを押しやすくするボタンがついています。
本体同梱やコントローラーに付属するストラップは黒ですが、ストラップ単体ではグレー、レッド、ブルーを選ぶことができます。

液晶保護シート

本体の液晶を保護するシートです。
サードパーティ製のシートも数種類発売されますが、おすすめは、「Nintendo Switch キャリングケース」です。
f:id:yamatowwiw:20170119211139p:plain:w350
純正のキャリングケースに、液晶保護シートが付属しています。価格は定価で1,980円(税抜)です。
市販の液晶保護シートだとシートだけで1000円前後しますので、このケースはお買い得だと思います。

Joy-Con充電グリップ

f:id:yamatowwiw:20170119211140p:plain:h200f:id:yamatowwiw:20170119211142p:plain:h200
Joy-Conを2つくっつけて、グリップ型のコントローラーにするものです。
本体付属品にも、「Joy-Conグリップ」がありますが、そちらではコントローラーの充電ができません。
この充電グリップがあれば、充電しながらプレイすることも可能になります。
また、追加でJoy-Conを購入される方は買っておいた方がいいと思います。

Proコントローラー

f:id:yamatowwiw:20170119211141p:plain:w250
グリップ型で持ちやすいコントローラーです。
ゼルダのようなゲームをがっつりプレイしたい人には必需品になるかもしれません。
NFC(近距離無線通信)、加速度センサー、ジャイロセンサー、そして注目のHD振動と沢山の機能が盛り込まれているので、ちょっと高く感じる6,980円(税抜)も納得です。
何より、持続時間に優れていて、Joy-Conの倍の40時間となっています。

その他に必要なもの

HDMIセレクター

HDMIの切り替え機です。
最近のデバイスが軒並みHDMI接続になっていて、テレビの入力端子が足りなくなってきていませんか?
HDMIケーブルの端子部分は繊細ですのであまり抜き挿しはしない方がいいです。
このセレクターを使えば、1つの入力端子に複数のHDMI機器を接続することができます。
できれば事前に購入して配線しておきたい部分ですね。

iBUFFALO HDMI切替器 3台用 リモコン付 ケーブルを付け替える必要なく、簡単に切替ができる ブラック BSAK302

iBUFFALO HDMI切替器 3台用 リモコン付 ケーブルを付け替える必要なく、簡単に切替ができる ブラック BSAK302

WiFiルーター

NINTENDO SWITCHの無線LANは、IEEE 802.11 ac対応になりました。
ルーターがac対応であれば、高速通信が可能になります。
この機会にac対応ルーターの導入を検討してみましょう。

こちらの記事も参考になれば。

OAタップ

OAタップも忘れず準備しておきましょう。