ちょっぴり幸せになる

誰かに教えたくなるそんな・・・

プルームテック プラス 違いは? 比較してみる【Ploom Tech +】

『プルームテックプラス』と『プルームテック』の違いは?

4月から『プルームテックプラス』が一般発売(6都府県)されますね。

これまでの、『プルームテック』とはどこが違うのか。

f:id:yamatowwiw:20190310194548j:plain

どのくらい違うのかレポートしたいと思います。

吸いごたえ

f:id:yamatowwiw:20190310194614j:plain

パワフルな吸いごたえ

パワフルになりました。

決して咳き込んだり、むせるというわけではありません。

喉にキュッという刺激が、紙タバコのようにある感じです。

これまでの『プルームテック』でも、深くゆっくり吸えばある程度の吸い心地がありました。

新しい『プルームテック』は、最初の一口目からがっつり吸った感を感じることができるようになりました。

普段、6mmの紙タバコを吸っている私でも、吸いごたえはあると思えるくらいのレベルになっています。

たばこの葉の量が増量

たばこカプセル内の『たばこの葉』自体の量が、増量されました。

f:id:yamatowwiw:20190310194559j:plain

外見上はわかりませんが。

必然的に、吸いごたえがアップしています。

カートリッジ内のリキッド量がアップ

カートリッジ内のリキッドも量がアップされているそうです。

f:id:yamatowwiw:20190310194557j:plain

ベイパー量がプラス

ベイパーの量もプラスされています。

ヒータ出力がやや上がり、カプセル内の温度(30℃→40℃に)も少しあがりました。

これにより、発生するベイパーの量も増えることとなりました。

ベイパーとは、吸った時に発生する煙のことです。

煙といいましたが、正確には『タバコ葉由来の成分を含んだ、水蒸気』です。

正体は水蒸気なので、けむくも、臭いもほぼありません。

におい

f:id:yamatowwiw:20190310194611j:plain

驚くほどにおいがしません。

これまでの、『プルームテック』と同様、低温加熱方式での水蒸気を吐き出すだけですので、ほぼ臭いがありません。

実験によれば、紙巻きたばこの1%未満程度のにおいだそうです。

たばこのにおいが、部屋についたり、服についたりということがなくなります。

紙タバコの場合、煙やタールが原因で部屋の壁が茶色になってしまいますが、『プルームテック』、『プルームテックプラス』であればそんな心配は必要ありません。

サイズ・重さ

f:id:yamatowwiw:20190310194603j:plain
長い。太い。重い。

これまでの『プルームテック』は、筆記用具でいうと蛍光ペンくらいの太さでした。

今回の『プルームテックプラス』は、ひと周りいや、ふた周りは大きくなりました。

筆記用具でいうというと、マーカーくらいの太さがあります。

え?わかりにくい?葉巻くらいのサイズです。

また、重さがかなり増したように思います。1.5倍位になっているのではないでしょうか。

今度、計測してみたいと思います。

f:id:yamatowwiw:20190310194608j:plain

これまでの収納ケースでは、はみ出してしまいます。

これまでの『プルームテック』は、スタイリッシュなサイズ感でしたが、破壊的な存在感がプラスにはあります。

構造

f:id:yamatowwiw:20190310194601j:plain

これまでの『プルームテック』は、たばこカプセル・カートリッジ・バッテリーの3つの部品で構成されていました。

今回の『プルームテックプラス』は、たばこカプセル・カプセルホルダー・リキッド・カートリッジカバー・バッテリーの5つが合体します。

f:id:yamatowwiw:20190310194602j:plain
写真上:『プルームテックプラス』、下:『プルームテック』

カプセルホルダー・カートリッジカバーは毎回外すこともありませんので、交換が面倒になった感じは特にしません。

カプセルホルダー・カートリッジカバーは、使い回すことになりますので、タバコ1箱の原価は下がっているのではないでしょうか。

まあ、これまで毎回高そうなカートリッジを使い捨てするのに少し罪悪感があったんですよね。

たばこカプセル自体の値段はなんとか、据え置いてほしかった。。

感想

f:id:yamatowwiw:20190310194604j:plain

  • 間違いなく、吸いごたえアップ
  • においもほとんどというか全くしない

というこで、これに変えない手はありませんね。4月以降は6都府県のコンビニでも購入可能になるようなので、かなり吸う人も増えるのではないでしょうか。

ノーマルの『プルームテック』でも吸いごたえに満足できる方は、スタイリッシュで軽量な従来の『プルームテック』ももちろんオススメです!