読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっぴり幸せになる

誰かに教えたくなるそんな・・・

BB-8 製作記 電飾に挑戦 Part4

スターウォーズBB-8プラモデルの製作記Part4になります。

今回から電飾に入っていきます。

LED周辺部分の作成

LEDと光ファイバー接続部分の作成

LEDと光ファイバーの接続部分は、プラパイプで作成します。

まずはプラパイプ(外径5mm、内径3mm)を適度な大きさに切断します。

プラパイプの切断方法ですが、最初はデザインナイフでゴリゴリやっていたのですが、日が暮れそうです。タミヤのエッチングのこぎりも試しましたが、これまた時間がかかりそう。

おもむろに、リューターを取り出しました。(^▽^)/

 

f:id:yamatowwiw:20160516205839j:plain

プロクソン(PROXXON)の丸のこ刃をセット、ウイーン、ウイーン。さすが、さくさく切れていきます。なんか楽しいです。

ひと回り細いプラパイプ(外径3mm、内径2mm)を半分くらいの長さでカットし、先ほどのプラパイプ内にセットし、接着しました。

f:id:yamatowwiw:20160516205840j:plain

口が広いほうにLEDをセットし、内径が細くなっている方から、後ほど光ファイバーを束ねて差し込みます。

LEDとCRDの接続

今回、使用するLEDですが、当初は100円ショップで手に入った、5mmのLEDを使用しようと思っていましたが、思っていた以上にBB-8の頭部が小さかったため、3mmのLEDを使用することにします。本当は手に入りやすい材料を中心にしたかったのですが、早くも断念しました。

  • LED 3mm LED 2800~5600mcd UW3804X
  • CRD 定電流ダイオード(15mA)E-153
  • リード線

をはんだ付けします。

f:id:yamatowwiw:20160516205843j:plain

f:id:yamatowwiw:20160516205842j:plain

f:id:yamatowwiw:20160516205844j:plain

 熱収縮チューブで、絶縁加工します。

f:id:yamatowwiw:20160516205845j:plain

ライターの火であぶって、融着します。

f:id:yamatowwiw:20160516205846j:plain

あ、2組作っているのは、頭部用と胴体用に2組同時に作成しています。まとめて作成するほうが効率的です。

スポンサーリンク
 

パーツの組み立て

最初に作成したプラパイプの部品とLEDを接続します。LEDにかぶせる形になっていますので、その上からグルーガンで接着します。

f:id:yamatowwiw:20160516205847j:plain

f:id:yamatowwiw:20160516205848j:plain

グルーガンがLEDの表面につかないように注意が必要です。

この上から、遮光のためにアルミテープを巻きました。

点灯テストしてみます。

f:id:yamatowwiw:20160516205849j:plain

配線の検討

LED周辺のパーツができあがったので、実際のプラモデルのパーツにどのように収めるか、どう配線するかを考えます。

まずは、頭部のパーツと並べてみます。

f:id:yamatowwiw:20160516205850j:plain

・・・

・・・

・・・。

だめだ。

LEDのパーツが大きすぎる。配線どころか、格納さえできるのかわからないサイズになってしまっています。がっくり。

頭部のパーツをくり抜いたとしても難しそうです。

LEDパーツの縮小化と、頭部パーツの空間確保を行います。

f:id:yamatowwiw:20160516205851j:plain

黒のマジックの部分をくり抜くことにします。

LEDパーツはLEDとCRDを横ではなく縦に配線することでコンパクトにしました。

f:id:yamatowwiw:20160516205853j:plain

頭部パーツのくり抜きには、リューターに登場してもらいました。あっという間に削ることができました。

f:id:yamatowwiw:20160516205852j:plain

新しく作成したのは、下の写真の下の方です。

横幅をもとの7割程度におさめることができました。

f:id:yamatowwiw:20160516205854j:plain

これで何とか、頭部のLEDパーツは格納できそうです。

今回はここまでとし、次回は光ファイバーの配線を行う予定です。